ピーマンとパプリカの違い、栄養価が高いのはどちらか

ピーマンとパプリカの違いについて書いていきます。
そもそも、ピーマンとパプリカはどちらもナス科トウガラシ属の一種です。

日本では、基本的に辛いものをトウガラシ、辛くないものをアマトウガラシとして区別しています。もちろん、日本ではピーマンとパプリカはアマトウガラシに属します。

さて、それぞれの日本での始まりですが、ピーマンは戦後に一般家庭に広まり、パプリカは1993年に輸入が解禁された野菜です。

そして、ピーマンとパプリカの違いとは、実は意外と、状況によってあいまいなのです。一般的には果皮の色、すなわちピーマンですと緑色、パプリカですと赤や黄色であったり、食べた時の苦みや甘みで判断されがちです。

ただ、これらは状況によってあてはまらないことが多く、特にピーマンは未成熟な状態で収穫されるため緑色ですが、
成熟すればカラフルピーマンとなります。そして、味自体も成熟するにつれて甘くなっていきます。ピーマンとパプリカの違いを判断するには、大きく2つの方法があります。
一つは果肉の厚さと形です。

果肉が薄くて細長いものがピーマン、果肉が厚くて全体的に大きなものがパプリカと判断されます。そして、もう一つが栄養素面です。栄養量に関しましては、パプリカの方が多く含有しています。ピーマンも、ビタミンやカロテンが豊富な野菜ではありますが、

パプリカはその数倍を含有しているのです。

例えば、ビタミンCやビタミンAがピーマンの役2倍、ビタミンEはなんとピーマンの5倍にもなります。逆に、パプリカにはほとんど含まれず、ピーマンには多く含まれている成分もあります。

それは、ピラジンという成分です。ピラジンには、血液をサラサラにする効果があり、血液が固まってできる血栓を防ぎやすくします。

また、上記に書いてきましたそれぞれの特徴から、ピーマンをパプリカそれぞれ相性が良い料理を紹介します。

成分上、若干苦みが残るピーマンは、肉詰め、野菜炒め、チンジャオロースなど、焼き料理と相性が良いです。

逆に、栄養価が高く、甘みがあるパプリカは、サラダ、パエリア、マリネ、カレーなど、ほとんど生や煮込み料理などと相性が良いですね。栄養価が高い分、できるだけ生で食する方が、栄養摂取量が増えるんですよ。

2017-11-27 | Posted in 食品No Comments » 

関連記事