鼻ニキビはホルモンバランスの乱れを改善して予防!

鼻や小鼻の脇にニキビができることってありませんか?顔の中心で人の目に留まりやすい場所ですから、あまりできて欲しくないですよね。鼻周りにできるニキビの原因はいったい何なのでしょうか。

鼻

 

皮脂が増えすぎるとニキビが増える

ニキビの元凶であるアクネ菌は皮脂が大好き。そもそも鼻は、元から皮脂の量が多く、毛穴が深いため、皮脂が溜まりやすい場所です。アクネ菌の温床になることが多いのです。

 

皮脂はなぜ増えすぎてしまうの?

思春期でもないのに、皮脂が増えすぎてしまう理由で主なものとしては、ホルモンバランスの乱れというものがあります。そもそも、男性でも女性でも、男性ホルモン、女性ホルモンと呼ばれる両方のホルモンを持っています。

男性ホルモンは皮脂をどんどん出すような働きがあり、反対に女性ホルモンには皮脂を抑えて、肌のバリア機能を整えてくれるような働きがあります。そのどちらか一方だけが多くても良くなく、バランスを整えておくことが必要になります。

 

ホルモンバランスを整えるために

改善方法は、まず体を温めること。冷え性の人はホルモンバランスが崩れているといえます。具体的には、体を冷やす冷たい飲み物や砂糖の摂取を抑える。適度に運動をして、体の凝り固まりをなくし、血の巡りを良くする。半身浴などで体をゆっくり温める。生姜や根菜などの体を中から温めてくれるような食品を摂るように心がけることなどです。

 

さいごに

鼻のニキビの原因は、過剰な皮脂量の増加。その原因はホルモンバランスの乱れの場合が多いです。ニキビの予防のためにも、ホルモンバランスの乱れを改善しましょう。”

2015-04-10 | Posted in その他No Comments » 

関連記事