葉酸が不足すると免疫機能が弱まる

サプリメントなどでも注目されている「葉酸」について、なんとなく体に必要なのは分かっているけれど…どんな効果があるのか分からないという方も多いと思います。

妊娠中に葉酸を摂取するといい、ともよく聞きますね。
そんな「葉酸」について、詳しくみていきましょう。

そもそも「葉酸」とは、ビタミンの1種です。
そのビタミンの中でもビタミンB群の仲間で、水溶性のビタミンです。
ビタミン表記すると「ビタミンB9」になります。

ほうれん草の葉っぱから発見されたので葉酸と名づけられたのだそうです。

葉酸は、私たちの体の血液の元である「赤血球」を作る役割をします。
そのほかにも、細胞の分裂などに必要な必須栄養素です。
葉酸が不足してしまうと、DNA生合成に支障が出てしまうために、
貧血が起きたり、免疫機能が弱ったりしてしまいます。

そんな必須な栄養素なのですが、調理や時間の経過でとても壊れやすい栄養素で、
摂取するためには新鮮な野菜からや、くだもの、サプリメントで摂取するのが
効率のいい摂取の仕方なのです。

妊婦さんにとても大切といわれている理由は、
妊娠中、とくに妊娠初期に葉酸が不足すると「神経管閉鎖障害」という病気を引き起こしてしまいます。
この病気が重度になってしまうと赤ちゃんの障害にも影響し、最悪の場合死に至ってしまいます。
ですから葉酸は、とても大切だといわれているんですね。

妊婦さんではなくても、葉酸は私たち人間には必須の栄養素です。
それでいて壊れやすい栄養素ですから、意識して摂取したいですよね。

それでは葉酸が含まれている食材はどんなものがあるのでしょうか?

ほうれん草の葉っぱから発見された、というくらいですから
ほうれん草には豊富な葉酸が含まれています。
そのほかにも、ブロッコリーやかぼちゃ、アボカドにも葉酸が含まれています。

また、野菜のほかにもマイタケやエリンギ、えのきなどのきのこ類にも
葉酸が含まれています。

くだものだと、いちごやみかん、キウイにも含まれています。
調理する必要もないので、葉酸が壊れることなく摂取できます。

これからも葉酸を意識的に摂取して、健康な体を維持できるように心がけたいですね。

2016-02-13 | Posted in 葉酸No Comments » 

関連記事