カルシウムは健康的な生活に欠かせない栄養素

カルシウムには、歯や骨を作る効果があります。

カルシウムの99%は、歯や骨に含まれているといわれています。そのため、カルシウムを食事などで多く摂取することで、歯や骨の主成分となるのです。このように、カルシウムを若いころからバランス良く摂取する習慣をつけておけば、高齢になっても歯が丈夫なまま保つことも可能となります。また、カルシウムには筋肉の働きを正常に保つ効果もあるといわれています。

カルシウムが不足していると、けいれんを起こしたり、筋肉が硬くなったりすることにもつながりがちです。そのため、筋肉の働きを正常に保ち、楽しく運動を続けていくためには、カルシウムのバランスよい摂取が欠かせないのです。とくに、スポーツ選手は、バランスよくカルシウムを摂取しているといわれています。またカルシウムには、肉体だけでなく、精神の働きを正常に保つ働きもあるといわれています。カルシウムは骨や歯に摂取されていきます。そのため、カルシウムが不足してしまうと、肉体的に不調をきたすことにもつながります。

肉体的な不調は、精神上でも不調をもたらしてしまいます。そのため、精神的なバランスを保つためにも、カルシウムを豊富に摂取する必要があるのです。そのほかんも、カルシウムには肩こりの予防、骨粗しょう症の予防にもつながる効果があるといわれています。カルシウムは骨を形作る栄養分です。そのため、カルシウムが不足していると、骨格のバランスが悪くなり、肩こりにつながったり、悪くすると骨粗しょう症にもつながってしまいます。こうした症状を防ぐためにも、カルシウムを意識的にとる必要があるのです。

また、カルシウムにはダイエット効果や血行をよくする効果もあるといわれています。このように、カルシウムは健康的な生活に欠かせない栄養素といえるでしょう。

カルシウムを含んだ食べ物

カルシウムは、牛乳とかチーズなどの乳製品に多く含まれています。また、小魚、豆製品、チンゲンサイや小松菜、切り干し大根などの乾物類にも豊富にカルシウムが含まれています。たとえば100グラム当たりで計算すると、牛乳には110ミリグラム、大豆には240ミリグラム、小松菜には170ミリグラム、わかめには130ミリグラムのカルシウムが含まれています。このように、それぞれの食品に少しずつカルシウムが含まれていることがわかります。そのため、食事からカルシウムを摂取しようと思うと、バランスよく食材をとっていかなければならないことがわかります。

カルシウムを含んだ商品

カルシウムは日本人にもっとも不足した栄養素といわれています。そのため、食事だけでなく、サプリメントでもカルシウムを摂取することも必要になるかもしれません。最近では、手軽にカルシウムを摂取することができるサプリメントが、数多く販売されています。

とくに骨や歯をつくるのに、カルシウムは欠かすことができません。そのため、食事だけでなく、サプリメントから効率よくカルシウムを摂取することも大切なのではないでしょうか。また、カルシウムを摂取することで動脈硬化や高血圧の予防にもつながります。

体調をバランスよく保つことにも、カルシウムのサプリメントは役に立つといえそうです。また、カルシウムは化粧品にも活用されています。カルシウムは肌の新陳代謝を高めたり、若々しく保つことにも役立つといわれています。カルシウムを含んだ化粧品から、肌にカルシウムが浸透していきます。とくに加齢とともに、肌に摂取されるカルシウムも減っていくといわれています。化粧品によって、肌に効率よくカルシウムをしみこませる効果があるようです。

2016-12-01 | Posted in 食品No Comments » 

関連記事